24で13級に。の報告と、5手詰のコツ(?)

f:id:malark:20181117010810p:plain

表題の通りですが、11/14に「将棋倶楽部24」で初めてR250を超え13級になりました。

14級になった日は覚えていないのですが、今後は記録していきたいと思います。

 

月間最高Rの推移は上のグラフの通りですが、数値はこんな感じです:

4月 ー 95

5月 ー 記録なし

6月 ー 92

7月 ー 154

8月 ー 130

9月 ー 152

10月 ー 222

11月 ー 274

 

ウォーズでは6月くらいから相変わらず4級のまま3級にはなれていないのですが、24の方は順調に伸びている様子です。81dojoでは6級の前後でウロウロしています。まぁウォーズ不振は持ち時間との相性のせいでしょう。素早く指せるようになりたい!

 

 

さて、最近までは角道を止める、いわゆる「ノーマル四間飛車」を中心に指してきましたが、居飛車で角換わりを指される方に速攻で角交換されるとどうしようもなくなることへの対策で「角交換四間飛車」の定跡を勉強し始めつつ実戦でも試したところ意外に自分の棋風に合っている良い感じで、いまでは積極的に角交換四間を採用しています。

たぶん自分自身が攻め将棋タイプなので、受け一辺倒になりがちなノーマルと比べて攻めやすいのがいいんだと思います。おかげで初13級も達成できたように思います。

『角交換四間飛車を指しこなす本』も完走できていない状態なので、まだまだ強くなれそうです。年甲斐もなくワクワクしております。

 

 

詰将棋の方は、『3手詰ハンドブック』2冊を普通に解いたり逆さまにして解いたりで少々回しつつ、11月からは『5手詰ハンドブックII』を1日に4問(見開き1頁分)必ず解くという形でトレーニングを進めています。

 

実は『5手詰II』は結構前に購入していたんですが、はじめは全く解くことができずお蔵入りしていました。(いきなりIIなのは……書店にIが無かったから)

各所のアドバイスに従えば「とにかく3手詰を極めてから5に進め」ということだったのでそれに従い10月までは3手詰ハンド2冊をひっくり返したりしつつ「1日で1冊200問」を目標にブン回しておったのですが、2冊とも各15~20分で周回できるようになったところで5手詰に移行。始めて数日間は5手先を想像して考えるのがなかなか難しく苦戦していましたが、数日間のうちに慣れてきたようで5手読めるようになってきました。

3手詰を頑張った成果か、2手先の盤面を強くイメージすれば残り3手で詰むかどうか大体わかる感じになってきたという感じです。

 

5手詰が難しくて困ってる方にアドバイスする機会があれば、やはり「まずは3手詰を覚えるくらいしっかりやり込むこと。5手詰移行後も数日間頑張って慣れるのを待つこと(それでも対応できなかったら3に戻る)」ということになりそうです。